ROMA2018第五回

日本にほん就職しゅうしょく希望きぼうする『外国人留学生がいこくじんりゅがくせい』並びに『バイリンガルな日本人学生にほんじんがくせい』のみなさん!
あなたかたのイキイキとした姿すがた真剣しんけんなまなざし、まじめな態度たいど、チャレンジ精神せいしん、そして優秀ゆうしゅう頭脳ずのうを、企業きぎょうのリクルーターたちに表現ひょうげんするチャンスが、このROMA(Recruiting Optimization Matching Academy)です。ペーパー試験しけんや、かしこまった面接めんせつ表現ひょうげんしきれなかった「本来ほんらい自分じぶん」を解放かいほうしましょう!
きっと、素晴すばらしいあなたに「白羽しらは」をててくれる企業きぎょうがでてくることでしょう。一人ひとりでもおおくのみなさんが、企業きぎょういごえんむすべることをこころからいのります。


<<パンフレット(作成中)>>

ROMA ─ とは?
1まい履歴書りれきしょみじか面接めんせつ時間じかんで、自分じぶん能力のうりょくをわかってもらえるのか?
このだれもがっている疑問ぎもんについて、真剣しんけんみ、解決策かいけつさくとしてかんえたのがMulti Internship Workshop ROMA(Recruiting Optimization Matching Academy )です。 ワークショップなどつうじて、書類しょるいにはあらわせない“企画力きかくりょく判断力はんだんりょく行動力こうどうりょく、リーダーシップ”などの「自分じぶんさ」を、企業きぎょう採用担当者さいようたんとうしゃにわかってもらえることができるのです。

【Multi Internship Workshop(MIW)】


ワークショップ ─ なぜ?
会社かいしゃ仕事しごとをするときに重要じゅうようとなる、リーダーシップや企画力きかくりょく表現力ひょうげんりょく行動力こうどうりょく、コミュニケーションりょくなどを、たんなる「面接めんせつ」や「採用試験さいようしけん」ではかることはできません。グループにおける、さまざまなワークショップをつうじて『あなたのさ』を企業きぎょう採用担当者さいようたんとうしゃせることができます。採用担当者さいようたんとうしゃは、アクティブ・オブザーバーとして、さまざまな場面ばめんであなたとコミュニケーションをとります。採用担当者さいようたんとうしゃ自分じぶんをアピールするチャンスがたくさんあるのも特長とくちょうです。


第一回目~第四回目だいいっかいめ だいよんかいめのROMAは大好評だいこうひょう
いままでROMAには、延べのべ37かこく78にん留学生りゅうがくせいたちがあつまり、さまざまなワークショップをとおして自分じぶんらしさ」表現ひょうげんしていました。 アクティブオブザーバーとして参加さんかした企業きぎょう延べのべ30しゃえ、実際じっさい数名すうめい留学生りゅうがくせい採用さいようされ、また採用選考さいようせんこうされています。どの企業きぎょうも、留学生りゅうがくせいのみなさんのポテンシャルのたかさにおどろいていました。また、さまざまな業界ぎょうかい企業きぎょう採用担当者さいようたんとうしゃ社長しゃちょう話すはなすことで、あらたなづきをることができていました。


ROMA参加さんかのメリットは大きい!
ROMAでは、みなさんのワークショップにおける活動かつどうをビデオ撮影さつえいします。そのビデオを、アクティブオブザーバ以外いがい数百すうひゃく企業きぎょう採用担当者さいようたんとうしゃ社長しゃちょうらんになります。おもいもかけない企業きぎょうからのオファーがあるかもしれません。ワークショップをつうじて、しっかりアピールをしましょう!

またおおきな副産物ふくさんぶつとして、さまざまなくに留学生りゅうがくせい友達ともだちができることもメリットです。海外かいがいからている仲間なかま交流こうりゅうふかめることで、留学生活りゅうがくせいかつがより充実じゅうじつすることでしょう。

《第四回ワークショップROMAの風景》

SONY DSC

森の家外観


企業きぎょうからみなさんへのアプローチ
ワークショップのあとには、少人数しょうにんずう学生がくせいグループごとに、企業きぎょう採用担当者さいようたんとうしゃ懇談こんだんする時間じかんをとります。面談めんだんとはちがい、会話かいわをしながら自分じぶんらしさ」表現ひょうげんできます。いろんな質問しつもんをしましょう!


どんな人財じんざいもとめられるの?
ビジネスのグローバルで、日本企業にほんきぎょうは『ダイバーシティ(多様性たようせい)適応力てきおうりょく』をもとめられています。さまざまな言語げんご文化ぶんか習得しゅうとくしている「外国人留学生がいこくじんりゅうがくせい」や「バイリンガル学生がくせい(日本人にほんじん)」は、これからの時代じだいひらくポテンシャルをっています、まさに企業きぎょうもとめている人財じんざいです。あなたの活躍かつやくっています。

 

募集要項(1) 対象者
   就職活動を行う(または一年以内に行う予定)の、グローバル仕様人財[外国人留学生(第二新卒含む)並びにバイリンガルレベルの日本人(TOEIC750以上)]

(2) 選考方法
   一次審査:プロフィール情報と作文等の書類審査
   二次審査:面接(Skype)審査(面談内容は録画します)

(3)合格の通知
   応募者全員に合格、不合格、補欠の結果を当Webサイトに登録されたメールアドレスに通知します。
開催日程第5回 ROMA(2018春) 2018年4月26日(木)
開催場所横浜市民ふれあいの里 上郷・森の家

 〒247-0013 神奈川県横浜市栄区上郷町1499-1
 ☎045-895-5151
 ホームページ http://www2.kamigou-morinoie.org/
選考スケジュールプロフィールの登録
↓↓↓
課題(作文など)の提出
↓↓↓
書類選考
↓↓↓
SKYPE面談
↓↓↓
最終選考
↓↓↓
選考結果通知
↓↓↓
ワークショップ“ROMA”参加
ワークショップ
スケジュール
《予定スケジュール》
       JR「大船」駅東口から神奈川中央交通バス
           船08系統(金沢八景駅行)で、「森の家前」下車徒歩約7分
       京浜急行「金沢八景」駅から神奈川中央交通バス
           船08系統(大船駅行)で、「森の家前」下車徒歩約7分

9:00 - 9:30 オリエンテーション

9:30 - 10:30 参加企業説明(5分/社)

10:30 - 12:30 ランチワークショップ (2時間)

12:30 - 14:00 ワークショップ1 (1時間半)

14:00 - 14:10 休憩 (10分)

14:10 - 15:40 ワークショップ2 (1時間半)

15:40 - 15:45 休憩 (5分)

15:45 - 17:25 企業と学生の懇談A(1時間40分)

17:25 - 18:25 夕食(軽食)(1時間)

18:25 - 20:05 企業と学生の懇談B(1時間40分)

20:05 - 20:20 解散式
【ワークショップROMA参加規約(2018春)】

株式会社フィギュアネット 異文化コミュニケーション研究所®事業部(以下、「主催者」とする)が主催する、ワークショップROMA(Recruiting Optimization Matching Academy)(以下、「ROMA」とする)への参加に伴い、下記内容を理解し、同意した上で申し込むこととします。またはROMAへ参加者は、本規約の内容を承諾したものとみなします。

第1条(概要)

  1. 主催者が主催するROMAは、就職活動を行う(または一年以内に行う予定)の、グローバル仕様人財
    [外国人留学生(第二新卒含む)並びにバイリンガルレベルの日本人(TOEIC750以上)](以下、「グローバル仕様人財」とする)の飾らない普段の姿を、さまざまなグループ活動等を通じて、求人を予定している企業(以下、「企業」とする)に対して示すことができる場です。単なる就職試験や面接だけでは表現できない自分らしさを、多くの企業に見せることで就職のチャンスを広めます。また企業の採用担当者と交流できる時間が多く持て、より深く企業のことを知ることができると共に、自分自身を強くアピールすることができます。
  2. ROMAへの参加者は、エントリーを行ったグローバル仕様人財の中から、次の選考審査を経て決定されます。
    一次審査:プロフィール情報と作文等の書類審査
    二次審査:面接(Skype)審査(面談内容は録画します)
  3. ROMAへの応募者の内、一次審査を通過した全員の情報はデーターベース化されます。
  4. ROMAの開催期間中も、活動の様子を録画しデーターベース化して、上記3.の一部とします。
  5. 前項3.及び4.の情報は、就職のチャンスを広めることを目的とし、ROMAに参加する企業だけでなく、主催者に登録されている他の多くの企業に対しても後日開示されます。

第2条(参加者)

  1. ROMAの参加者は、高度外国人財(以下「globalforce」とする)として企業で活躍が期待できる、基本的に大学卒業以上の学歴を持つ外国人留学生(またはその第二新卒)、またはバイリンガルレベルの日本人(TOEIC750以上)で、一年以内に日本における就職を希望する人です。なお、プロフィールの正確性については、グローバル仕様人財が責任を負うものとします。
  2. また、ROMAには「アクティブ・オブザーバー」として企業が参加します。「アクティブ・オブザーバー」とは、傍観するのではなく、ROMAに参加しているグローバル仕様人財に接しながら、積極的に嘱望する人財を見出す企業のことを指します。参加企業は、基本的に一年以内に同社において活躍が期待できる人財の採用を検討している企業です。

第3条(就職支援(企業紹介)サービス)

  1. ROMAにエントリーしたグローバル仕様人財全員に対して、主催者はROMAとは別に本人の希望ならびに適性に応じて、企業を紹介することがあります。
  2. これに伴い、各々のグローバル仕様人財のプロフィール情報、作文、面接、ROMAでの活動内容、等の個人情報を主催者は、主催者の個人情報保護規定に基づき、適切に管理します。
  3. なお、企業にグローバル仕様人財を紹介する場合には、事前に本人の承諾を得た上で行います。

第4条(募集人数)
ROMAの参加募集人数は、以下のようにします。

  1. グローバル仕様人財は、70名程度。
  2. アクティブ・オブザーバー企業は、10社程度。

第5条(申し込み)
ROMAへ参加を希望するグローバル仕様人財(以下、「参加希望者」とする)は、本サイト上にある手続きに従って、本人が正確かつ最新の情報をプロフィールに記載した上で申し込むものとします。ROMA募集締切日(2週間前)まではプロフィールの変更は可能ですが、それ以降はROMAの選考審査に反映されないことがあります。

第6条(合否の通知)
ROMAへの参加の合否は、第1条(概要)2.の審査を行った後、ROMA開催の前に参加希望者に電子メールにて通知されます。なお、通知には「合格」、「不合格」、「補欠」があります。

  1. 「合格」とは、申し込みを行ったROMAに参加することができる者
  2. 「不合格」とは、残念ながら選考審査を通らなかった者
  3. 「補欠」とは、合格者がなんらかの事情で参加できなくなった場合に参加できる者
    (主催者から、ROMA開催の前日までに連絡があった場合にROMAに参加できます)
    また「補欠」の特典として、次回開催のROMAに選考審査なしに出席することができます

第7条(参加)
ROMAへの参加の合格通知を受け取った参加希望者は、ROMAへ必ず参加するものとします。なお、やむをえず欠席する場合には、遅くとも一週間前までにその理由を主催者に連絡をしなければなりません。また、何の連絡もなしに欠席または遅刻する場合、それ以降の主催者が主催するイベントへの参加、ならびに(企業の紹介)ができなくなる場合があります。

第8条(ワークショップ)

  1. ROMAは、参加するグローバル仕様人財のグループに活動におけるリーダーシップ、協調性、主体性、コミュニケーション力、判断力、行動力、気配り、企画力、創造力、バランス力、論理性、表現力、計画性、柔軟性、正確性、適応力、忍耐力、説得力、時間管理、一般教養、マナー等のチェックをするためのワークショップを行います。またカリキュラムの内容は、当日説明を行います。
  2. ROMAでは、グローバル仕様人財のワークショップとは別に、参加企業一社ずつ、小グループでゆっくりグローバル仕様人財全員と懇談するカリキュラムを準備し、より自然なかたちで企業とグローバル仕様人財がコミュニケーションを取るようにします。
  3. カリキュラムの内容は、事前連絡なしに変更することがあります。

第9条(ワークショップの内容に対する権利)

  1. ROMAにおける一切のノウハウ、アイディア、手法その他の情報、またROMAで提供される教材、DVD、その他一切の著作物、ならびにROMAで使用される一切の名称および標章(以下、「ROMA内容」とする)についてのノウハウ、著作権および商標権その他一切の権利は全て主催者に帰属し、ROMAに参加する企業ならびにグローバル仕様人財(以下、「ROMA参加者」とする)は、これらの権利を侵害する行為を一切行ってはならない。
  2. ROMA参加者は、ROMA内容をROMA参加者個人の私的利用の範囲内で使用するものとし、いかなる方法においても、ROMA参加者個人の私的利用の範囲外で使用し、または第三者に対して、頒布、販売、譲渡、貸与、修正、翻訳、使用許諾等をおこなってはならない。
  3. ROMA参加者は、別途主催者が明示的に許可する場合を除き、録画、録音、撮影その他のいかなる方法または媒体を用いるかを問わず、ROMA内容を記録することをしてはならない。
  4. ROMA参加者は、ROMAの参加に際して、他の参加者から取得した一切の個人情報について、いかなる第三者にも開示または漏えいしてはならない。なお主催者は、ROMA参加者による他のROMA参加者の個人情報の取扱いに関して一切の責任は負わない。

第10条(参加費用)
ROMAに参加するグローバル仕様人財は、無料にて参加できます。但し、会場までの交通費は、自己負担。

第11条(ROMAによるマッチング支援)
主催者は、グローバル仕様人財と企業がROMA後も円滑にコミュニケーションが行われるように、さまざまなサポートを行います。

第12条(個人情報保護及び秘密保持)
主催者は、主催者の個人情報保護規定に基づき、厳格にROMA参加者の個人情報を管理します。またアクティブ・オブザーバー企業は、主催者と別途締結する契約書における(個人情報保護及び秘密保持)条項に基づき、ROMAに参加するグローバル仕様人財の情報を管理します。

  1. ROMAへのエントリーを行ってから一年以上経過し、また主催者から登録されている連絡先に問合せの連絡を行っても返答がない場合は、グローバル仕様人財本人の意志に関わらず、登録並びに個人情報が抹消されることがあります。
  2. 諸般の事情によりROMAの開催が中止または延期された場合でも、本人から(企業の紹介)は不要との連絡がない場合には、第3条(企業の紹介)は継続して行われるため、主催者は(企業の紹介)の目的のために個人情報を管理します。

第13条(ROMAの中止・中断および変更)
主催者は、ROMA参加者が定員数に満たない場合や、天候・交通機関・会場その他の理由によりROMAの運営上やむを得ない場合には、ROMA参加者に事前通知の上、ROMAの運営を中止・中断および変更できるものとします。

  1. 前項の場合には、主催者は、一切の損害、補償を負いません。

第14条(免責事項)
ROMA開催期間中、主催者はROMA参加者の安心・安全に最大限に努めますが、下記内容に関して免責とします。

  1. 諸般の事情によりROMAの開催が中止・中断・変更または延期された場合、一切の補償を負いません。
  2. 主催者は、ROMA参加により生じる一切の損害につき、いかなる責任をも負いません。
  3. 主催者は、通常の対策では防止できないコンピューターウィルス被害、天変地異による被害、その他主催者の責によらない事由による被害が生じた場合には、一切責任を負いません。主催者はこれらの不可抗力に起因してROMAへのエントリーした際のデータが消去・変更されないことを保証しません。
  4. ROMA開催期間内において発生した一切の事故や怪我・病気などの責任を負いません。
  5. 医師の診断等を受けて運動の禁止あるいは注意を受けていた場合は、ROMAへの参加はできません。また、医師からの指示に従わず、主催者に事前に連絡もなくROMAに参加した場合はそれについて起こりうる状況についての責任を主催者は一切負いません。
  6. 持病や治療を受けている、また服用薬がある場合やアレルギー・じんましんなどの症状があるROMA参加者に対して、それらについて起こりうる状況についての責任を主催者は一切負いません。(場合によっては参加をご遠慮いただくことがあります。)
  7. 盗難等防止のため貴重品は持ち歩くなどご本人の責任において管理下さい。盗難・紛失についての一切の
責任を主催者は負いません。
  8. ROMA参加に当たっての往路・帰路等移動途中の事故に対しても主催者は一切責任を負いません。

第15条(注意事項)
下記のように注意事項を定めます。

  1. ROMA開催期間中は、主催者の指示に従うようにお願いします。ROMAの運営に支障を及ぼす場合や周りの方に迷惑になるような場合、一時的に退場して頂くこともあります。
  2. ROMA参加者は、ROMAにおいて以下の行為をしないものとします。
    1. 意図的に虚偽の情報を伝える行為
    2. 他の参加者または第三者の権利を侵害する行為
    3. 個人や団体を誹謗中傷する行為
    4. 法令、公序良俗に反する行為、またはその恐れのある行為
    5. ROMAの運営を妨げる行為、または主催者の信用を毀損する行為
  3. 反社会的勢力等に関連する組織に属する行為、反社会的勢力に利益を与える行為、または反社会的勢力を利用する行為等、もしくはそれらの恐れのある行為
  4. ROMA参加者が以下の項目に該当する場合、主催者は、事前に通知することなく、直ちにROMAへの参加をお断りすることができるものとします。
    1. プロフィール内容や、申し込みにおける申告内容に、虚偽の記載が判明した場合
    2. ROMA内容を適切に理解できない可能性がある場合、もしくは主催者がROMA参加者としての適格性に欠けると判断した場合
    3. 主催者の許可なく、営利またはその準備を目的とした行為、その他主催者が別途禁止する行為を行った場合
    4. 本規約に違反した場合
    5. その他ROMA参加者として不適切と主催者が判断した場合
  5. ROMA参加者が、ROMAに起因または関連して、主催者に対して損害を与えた場合、ROMA参加者は、一切の損害を補償するものとします。また、ROMA参加者が、ROMAに起因または関連して、ROMA参加者とその他の第三者との間で紛争が発生した場合、ROMA参加者は、自己の費用と責任において、当該紛争を解決するとともに、主催者に生じた一切の損害を補償するものとします。
  6. 主催者は、故意または重過失に基づく場合を除き、ROMAまたは本規約に関連してROMA参加者または第三者が被った特別損害(予見可能性の有無を問わない)、間接損害および逸失利益についてなんら賠償責任を負わず、通常損害について、主催者が当該ROMA参加者から現実に受領した料金の範囲内でのみ、損害賠償責任を負うものとします。
  7. ROMA参加者が、持病や治療を受けている、また服用薬がある場合やアレルギー・じんましんなどの症状がある場合は事前に必ず連絡ください。また、それらについて起こりうる状況についての責任を主催者は負いません。
  8. 主催者からROMA参加者への通知は、電子メールもしくは本サイト上で掲示、またはその他主催者が適当と認める方法で行われるものとします。電子メールは、ROMA参加者が登録をした電子メールアドレス宛へ主催者から発信をもって通知が完了したものとみなします。
  9. ROMA内容について主催者の各媒体に画像・映像・テキストなどが掲載される可能性があります。また各
種メディアからの取材により雑誌・HP等に掲載される場合があります。但し、記載する場合には個人情報に十分配慮します。
  10. 利用施設について
    公共施設利用については各施設の規則に沿って活動し、マナーやルールを守るようお願い致します。
  11. 館内飲食・喫煙について
    それぞれの施設の規則に従います。尚、飲酒はROMA開催期間中ご遠慮願います。
  12. ビデオ撮影について
    ROMAに参加する企業がビデオ・写真撮影を行う場合があります。その際には、第12条(個人情報保護及び秘密保持)に基づき、各企業の責任において管理されます。
  13. 交通について
    ROMA開催会場へは公共交通機関のご利用をお勧めします。道中やROMA会場内に於ける事故等には十分お気を付けください。
  14. 当日の保険について
    ROMA参加者に対しては、旅行保険に入る予定となっておりますが、くれぐれも体調管理、事故等に気をつけて下さい。保険の内容について知りたい方は、直接保険会社にお問合せ下さい。(別途ご報告致します)

第16条(準拠法及び管轄)
ROMA及び本規約の準拠法は日本法とし、ROMAまたは本規約に関して生じる一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意所轄裁判所とします。

附則
本規約は2017年1月1日から実施します。

  • ※イベントへの参加はユーザープロフィールの登録を完了した会員のみとなります。
  • ※イベントの参加申込を行う際は、事前にサイトへログインしてください。