自己分析はどのように行ったらいいでしょう? How do I do self-analysis?

  • 2018.02.01
  • Q&A
自己分析はどのように行ったらいいでしょう? How do I do self-analysis?

私も学生時代、性格診断のようなことをやって、「あなたにあった職業」のリストをもらったことがあります。そこには、さまざまな職業がリストアップされていましたが、どこにも「サラリーマン」というのはありませんでした。(^^;)

When I was a student, I did something like a personality diagnosis test and got a list of “occupation that matched you”. There were a variety of occupations listed, but there was nothing called “salaried workers” anywhere. (^ ^;;)

 

日本の多くの企業では、その会社に就職するのではなく「就社」となります。つまり、どの部署でどんな仕事をするのかは、新人研修後に発表されることが多い。「私は、○○が得意なので(または、やりたいので)、○○の配属を希望します」と、リクエストを出したとしても受け入れてくれるかどうははわからない。

In many companies in Japan, it is more about “employment” rather than getting a job there. In other words, what kind of work you will be doing in which department is usually announced after freshman training. “I do not know if they will accept even if I make a request, because I am good at OO (or because I want to do it) because I want to be assigned to OO.”

 

それにも関わらず、大学のキャリアセンターに行くと、自己分析をすることを勧められる。私は、そんなもに縛られなくても良いのでは?と思っています。縛られると、人は苦しくなるものです。

Nonetheless, going to the university career center, it is advisable to conduct self-analysis. I am thinking if you have to be bound by that? I wonder. It becomes painful for people when bound.

 

とは言っても、ご質問に当社の博士君が答えてくれたのでご紹介します。

Still, I will introduce you to our doctor, who will answer your question.

 

A:手軽に行えるのが本屋さんにある『就職マニュアル』に書かれている「自己分析シート」です。

There is a「Self-analysis Sheet」in the『Employment Manual』. It is available to buy in any bookshop and is easy to do.

 

自己分析は、学校の勉強では学ばなかったことなので、多くの学生にとって最初の難問となることが多いようです。多くの方が有名な誰でも知っているような企業にばかり注目しますが、その前に「自分が誰で」「どんなことをやりたいと思っているのか」「どんな人生観を持っているのか」などの「自分がどんな人」かを知ることの方が大切です。

Self-analysis seems to be the first challenge for many students, as it has not been learned in school studies. Rather than paying attention to companies that many people are familiar with, you should ask beforehand, “Who am I?” “What kind of things do I want to do?” “What is my view on life?”

 

そして、「得意なこと」と「やりたいこと」は別です。

「Special Skill」or「Things you want to do」are separate issues.

 

成績が良いからと「得意なこと」を仕事にする人が多いのですが、それよりも「やりたいこと」ができる仕事を選んだ方がよりよい人生を歩めます。

Many people work on their「specialty」because of good grades, it is better to choose a job that allows you to「do what you want to do」.

 

就職マニュアルにも良いことが書かれていますが、ここでお勧めするのはリチャード・H. モリタ著「オイラの法則!―とびきりの成功法則―「成功の書」完全収録CD付/イーハトーヴフロンティア刊 – 2004/8」です。付録のCD(約60分)の中で「自己分析」についてと「仕事の選び方」についても詳しく述べられています。

Although many good things are written in the employment manual, I recommend this book by Richard H. Morita 「Oira`s Law!―A smashing success in Law ―「The Book of success」完全収録CD付/イーハトーヴフロンティア刊 – 2004/8」Complete recording CD / Ihatov Frontier Publication – 2004/8. Details about “self-analysis” and “how to choose a job” are also described in the appendix CD (about 60 minutes).

new
photo