特殊な日本の就職活動

特殊な日本の就職活動

すでに知っているかと思いますが、
日本における就職活動では
新卒一括採用」が一般的です。

日本人の学生は大学または大学院を卒業後、すぐに就職をします。
そのため、「就職活動を始める時期」も実はとても早いのです!

外国人留学生の皆さんの中には、
この事実を知らずに、気がつけば志望企業の人材募集期間が終わっていた・・・
といった人もいるのではないでしょうか。

そういったことがないように、
これから日本における就職活動のスケジュールについて説明します!

****************************************************************

日本の学生は、一般的に3月に卒業をして、その翌月の4月から会社に入社をします。
そのため、大学・大学院に在学中に就職活動を行い、「内定(Company’s job offer)」をもらわなければなりません。

就職活動の大まかな選考スケジュールは、
経団連(Japan Business Federation)によって毎年定められています。

2020年4月入社の学生の選考については、下記のとおり決定しました。

企業による広報活動:201931日以降

この日より、企業は採用における広報活動をすることが出来ます。

学生の立場からすると、この日より企業の募集要項の確認や会社説明会への申し込み、エントリー等をすることが出来ます。

選考活動:201961日以降

企業は3月から募集を始め、その後6月から試験や面談が始まります。

内定(Company’s job offer):2019101日以降

このように、ほとんどの日本の学生は入社する年の約1年前から就職活動を開始し、
最終学年の10月頃には、卒業後の就職先が決まっています!

「卒業まであと1年あるから、まだ就職活動はしなくていいや」
と考えているあなた、それは大間違いです。

実際に企業への応募等が始まるのは約1年前からですが、企業について調べたり、インターンシップをしたりするのはもっと前からしなければならないのです!

大学での研究活動が忙しいと思いますが、日本での就職を考えている場合は、勉強と就職活動の両立が必要となります。

皆さんの日本企業でのご活躍を心より祈っていますので、
ぜひ就職活動を頑張ってくださいね。

わからないことがあればご遠慮なくお問い合わせください。

mail : contact@globalforce.careers

new
photo