日本で本当に働きたいですか?

日本で本当に働きたいですか?

多くの留学生の皆さんとお会いして、お話をすると、皆さん「日本で就職がした
い」と言います。

でも、履歴書の内容をチェックして、アドバイスをした後、再提出をお願いする
と「大学が忙しい」という返事が返ってくることが良くあります。

企業が選考をする学生は、あなただけではありません。あなたの事情など、企業
にとってはどうでも良いことです。

選考者の立場から考えることができなければ、日本で就職などできるはずがあり
ません。会社にとって、入社前から自己都合を前面に出す人はどのように見える
と思いますか?

「今出さなくても、なんとかなる」という《甘え》は厳禁です。

皆さんは自分には能力がある、自分は良い成績を取ってきた、自分は会社に入っ
たら会社に貢献できる…と、自信を持っている。そうかもしれませんが、それ
評価するのは『会社』です。

それをどう分かってもらうのか、考えていますか?

一般的に、毎年100人採用する会社には、1万5千程の応募があります。それを処
理する人事採用担当の人数は、たった数名(3名程度)です。

本当に採用されたいのなら、自分のことを理解してもらう努力が大切です。

アドバイスはしますから、連絡を下さいね。待っています。

new
photo