就職は、魅力的な履歴書・エントリーシートの作成から

就職は、魅力的な履歴書・エントリーシートの作成から

経団連を中心として大企業グループが設定した採用=就活スケジュールは、

・3月1日企業説明会開始

・6月1日試験・面接開始

・10月1日内定                              となっています。

しかし、企業の採用活動は、3年生の夏休みに行われるインターシップから

スタートしていますから、各企業の採用活動はすでにかなり進んでいるといえます。

日本の企業に就職を希望している留学生に、就職先の希望を聞くと、

文系・理系関係なく、ほとんどの人が、「大企業」「有名企業」をあげます。

これは留学生だけでなく、日本人学生も同様ですから、有名な大企業には、多くの学生が応募します。

昨年、100人を募集したある製造業の有名企業には

30,000人の学生の応募があったといいます。

3万人の学生を専攻するのは企業にとって、大変な作業です。

第1次選考は、提出された資料、エントリーシートで判断することになりますので、

その段階でパスできなければ、その後の採用選考に進むことはできません。

つまり、第一段階である書類による選考をパスするためには、

魅力的なエントリーシートを提出することが重要です。

留学生の皆さんは、就職できるかどうかはエントリーシートではなく、

人物の能力や可能性で決まると考える学生も多いのですが、

それをいかにエントリーシートでわかるように記入するか、それがポイントになります。

希望の就職先に採用されるために、いかに魅力的なエントリーシートを作成するか、

それが重要になっているのです。

この点に注意して、皆さんの魅力と可能性を伝えるエントリーシートを作ってください。

わからないことがあれば相談に乗りますので、ご遠慮なくお問い合わせくださいね。

new
photo