Q&A

自分の学んでいる専門分野と直接関係のない仕事につくことは可能ですか? また、その場合ビザの取得は可能ですか? Is it possible to get a job that is not directly related to my special field of study? Also, in that case, is it possible to obtain a visa?

A.結論から申し上げると、可能な場合があります。
A. From the conclusion it is possible to do so.

 

たとえば、ITの勉強をしていたのにパティシエになる・・・などの
まったく関係ない職業につくことはできませんが、
For example, if you are studying IT, you cannot get a job that does not concern IT at all, such as becoming a patissier….

 

デザインを専門分野にし、パソコンを利用したデザインを主に学んだ人が、
デザイン以外でパソコンを利用して働く仕事に就くことが出来る場合があります。
People who specialise in design and learn mainly from designs using personal computers, are sometimes able to take jobs that work with computers for other than design.

 

就労ビザを取得するには、学んできたことと仕事の関連性が必要です。
In order to obtain a work visa, it is necessary to have relevance between what you have learnt and the work you will be doing.

 

専門分野と直接ではなくても、何か関連があればビザを取得できた実例もあります。
Even if it is not directly within your field of expertise, there are instances where you could obtain a visa if there is something related.

 

考えてみればわかると思いますが、
そもそも全く専門外のことを学んできた人を採用する企業は、あまりないと思います。
I think that you can understand when thinking about it, that there are not many companies that adopt those who have learned something completely outside their field from the very beginning.

 

企業はあなたが学んできたことを踏まえて採用をしていますので、
採用をされたらビザについては取得できる可能性も高いでしょう。
Companies are hiring on the basis of what you have learned, so it is highly likely that you will be able to get visas when recruited.

 

少し視野を広げて就活をしてみてもいいかもしれませんね。
It might be a good idea to expand your horizons when looking for a job.

作文はどのように書けばよいですか? How do I write my composition?

A. 採用試験では、皆さんの人柄や日本語力を確認するために、作文が出題されることがよくあります。皆さん、一生懸命書いていますが、どうも出題者の意図を理解していないケースが多く見受けられます。

In the recruitment examination, composition is frequently asked for to confirm your personality and Japanese ability. Everyone, you write so hard, but there are many cases where students do not understand the intentions of the questioner.

 

短い作文を書く際のアドバイスをお教えします。

I will give you advice on writing a short composition.

 

簡単ですので、覚えて練習してみて下さい。

It is easy so please remember to practise.

 

まず、出題者は何を求めていると思いますか?それは、
 1.論理的に物事を考え、表現する力
 2.課題(Subject)を理解し、「自分の意見」をまとめる力
です。

First of all, what do you think the questioner is asking of you? That is,

  1. The ability to think and express yourself logically
  2. Ability to understand the subject(課題) and to summarise ‘your opinion’.

 

なによりも重要なことは、伝えたいことを『ポイント』で決めること。

The most important thing is to decide what points you want to convey.

ぼんやりとではダメです。

It is no good to be aimless or vague.

伝えたいことを輝かせる(印象に残す)ために絶対に必要です。

It is absolutely necessary to make what you want to convey stand out (leave an impression).

 

そこで、さらに意識しなくてはならないことは、

試験官は、何百人もの作文を読まなくてはならないことです。

So what you have to be aware of is that the examiner has to read hundreds of Essays.

 

つまり、何度も読み返してあなたの作文を理解しようとはしないのです。

In other words, he will not read over and over again to try to understand your composition.

 

さまざまなことを数分の間(ときには数十秒)で判断します。

He will judge various things within the space of a few minutes (or even seconds).

 

つまり指定の文字数で、読み手が直ぐに理解できる文章が必要です。

In other words, you have to draft a sentence with the specified number of characters that the reader can immediately understand.

 

留学生の皆さんへの「短い文章」を書く際のアドバイスは、

下記の3ステップです。

The following three steps are advice for international students on how to write ‘short sentences’.

 

 1ステップ:結論を始めにしっかり示すこと 

To show the conclusion firmly at the beginning

 第2ステップ:自分の経験をリアルに伝えること

To communicate your actual experiences

 第3ステップ:自分の「感動」「感じたこと」を大きく表現すること

To express your ‘emotions’ and ‘feelings’ in a large way

 

そして、伝えたい言葉には「」(かぎかっこ)を付けることです。

And put the words you want to convey in Japanese style brackets「」(kagikakko).

 

学校では、起承転結で文章を作るように習ったかと思いますが、

数百文字程度の採用試験における作文の場合には、

上記のようなステップの方が、強い印象を残せるので、

是非実践して下さい。

In school, I think we were taught to make sentences with an introduction and a conclusion, but in the case of writing a composition during a hiring test using hundreds of characters or more, the steps like the ones above can leave a strong impression so please practise it by all means.

履歴書の「学歴・職歴」の欄には、何を書けば良いのですか? What should I write in the “Education / Work History” column of my resume?

A.採用担当者が、一番初めに見るところが『学歴・職歴』です。この欄がきちんと書けなくてはなりません。多くの留学生のみなさんが、ここをきちんと書けないため、悪い印象を採用担当者に残してしまっています。

Recruitment staff are the first people to see your educational qualifications and work experience. This column has to be written properly. Many international students are unable to write this column correctly and as such, have given a bad impression to the recruiters.

 

絶対にミスしてほしくないので、下記を参考にして書いて下さい。

We absolutely do not want you to make a mistake so please refer to the following as a reference.

 

 

《間違いやすいポイント》《Mistakes easily made

 

(1)学歴の始まりは「高校の卒業」から書きましょう。
We will start from the beginning of your academic career, your graduation from high school.

 

(2)年月は、「入学」と「卒業」の両方書きましょう。
卒業の時期だけ書いている人が多く見られます。日本では、最初から最後まで、正しく詳細を記入することが求められます。必ず、「いつ入学したのか?」「いつ卒業した(する)のか?」を明確に記入してください。

Write both the month and year of the date you started studying and the date of graduation. There are many people who write only the year of graduation. In Japan, you are expected to fill in all details completely, from start to finish.  “When did you enroll? “, ” When did you graduate? “, ” When are you going to graduate? ” Please write clearly and in detail.

 

(3)学部・学科名、研究科名を正しく書きましょう。
Please write the name of the department or graduate school correctly.

大学名だけでは、何を勉強しているのかわかりません。
If you just write the name of your university, we will not know what you studied and majored in.

 

(4)学位を書きましょう。
Indicate your degree whether it`s Bachelor, Master or Doctor.

まずは「大学」であるのか、「大学院」であるのかを明確に書きましょう。
First of all, write clearly whether you are at “university” or “graduate school”.

そして、「大学院」の場合、「修士課程」か、「博士課程」かを記入してください。
And if it`s “graduate school”, please indicate whether it is a “Master’s course” or “Doctoral course”.

 

(5)職歴の書き方
How to write any work experience

  • 学歴と同じように、「入社の年月」と「退職の年月」を書きましょう。
    Just like your academic background, indicate both the year and month of you joining and leaving the company.
  • 「会社名」「業種」「部署名」「仕事内容(一行に収まる程度)」を書きましょう。
    Please write the “Company name”, “Type of industry”, “Department” and “Job Description (Try to fit it all in one line.)”.

 

ROMA/neoGetTogetherに参加します。事前に参加企業の情報等を企業研究をする必要がありますか? I will join ROMA/neoGetTogether. Beforehand, do I have to do research about the various companies?

A:ワークショップROMA/neoGetTogetherでは企業研究は不要です。
企業の採用担当者は、皆さんのありのままの能力やポテンシャルを見たいと思っています。

ROMA workshop/neoGetTogether does not require corporate research. The company recruiters want to see your own abilities and potential.

 

多くの企業の採用担当者は、面接のために準備をしている就活生をあまり信用していません。
なぜなら、面談する会社”すべて”に、

 

「私はあなたの会社の○○が好きで応募しています。」

 

リップサービスをしているからです。

Most company recruiters do not have a lot of confidence with job hunters preparing for the interview.

Because during company interviews “in general”, 「I like ○○of your company and I am applying…」is basically lip service.

 

嘘ではないでしょうが、「とりあえず内定をもらいたい、落ちたくはない」そして「あとで内定をもらった会社の中から選ぼう!」という気持ちで話をしていることを知っているからです。

It would not be a lie saying 「I would like to accept a job offer as I do not want to fall」 and「Choose from the companies after I get a job offer!」because they know the applicant is talking with feeling.

 

だから、何も先入観を持たずに、逆にあなたの最大限の頭脳・能力・行動力をワークショップで示すことが重要です。

Therefore, have no preconceptions or prejudices. On the contrary, it is important to show your maximum intellect, capabilities and ability to take action during the workshop.

 

大切なことは、カゼをひかずに体調万全にして当日いらっしゃることです。

The important thing is to take care of yourself on the day.

年齢が日本人学生より高いですが、就職に不利ですか? Since my age is higher than the average Japanese student, will it be a disadvantage in getting a job?

A:当研究所のデーターによると、正直なところ、年齢が高いと企業側が二の足を踏みます。
出身国で大学院を出て、さらに日本で大学院を出るような場合、どうしても年齢が20代後半になってしまう。残念ですが、企業としてはどんなに優秀でもなるべくそういう人は採用したくない。
そのため、普通に就活するだけでは難しいのは事実です。

According to the data in our laboratory, to be honest, if the student`s age is high, the companies will hesitate to move forward.

Furthermore, after leaving your country on completion of graduate school, and then finishing graduate studies in Japan, your age will be in the late 20s.

Unfortunately, even though the students are excellent, companies are reluctant to hire such people.

For that reason, getting a regular job is difficult.

 

それを突破するためには、やはり努力が必要です。

In order to break through this barrier, a lot of effort is necessary.

 

理系の人の場合には、それでもまだ楽な方です。頼るべきは、その専門分野に関連する先生、先輩。また、その分野で働いている人に積極的に会うこと。人の繋がりを大切にして、引き寄せるつもりで、アプローチをするとよいでしょう。

With a Science background, the way is still relatively easy. You can rely on teachers and seniors related to a specific field of study. Also, you can meet people actively working in that field. It is a good idea to make an approach with the intention of drawing people towards you and making connections.

 

文系の人の場合には、「年齢が上でも他の人たちとの調和がとれる」こと、「長く働く意識がある」ことを、エントリーシートや作文で表現して下さい。単に、自分は勉強してきたのだから仕事ができるだけでは、企業からしたら「扱いづらい」と感じてしまう可能性が高い。そして、できればこちらも人脈繋がりを重視してください。さらに早めに就活を行い、たくさんの企業にアプローチをすること。人の倍以上の努力が必要だと覚悟して下さい。

In the case of a student with a Humanities background, please express yourself in the entry sheet`s composition that 「Even though your age is higher, you are able to work in harmony with everyone」 and「I have a sense of working for a long time」.

 

でも、大丈夫!年齢が高くても採用されている人はたくさんいます。学んできた分野、母国との懸け橋、等あなた方にできることはたくさんあるのです。自信をもって就活に臨んでください。

However, it is alright. Many people get hired even though they are older. There are many things you can offer, like your field of study or being a bridge to your home country. Please be self-confident when doing your job-hunting.

 

企業側が留学生を採用する際に重要視する点は、年齢より何ができる人か、どの様な人材か、ということです。

The points the companies emphasise when recruiting foreign students are what a person can do at his age and what kind of human resource you are.

就職活動はいつ頃から始めたらよいですか? When should I start my job-hunting activities?

A:企業へのエントリーシートの提出、会社説明会への参加など、実際に企業側とコンタクトを行うのは日本人学生と同じ時期となります。

Ideally, it should be the same time as when Japanese students start contacting companies, submitting entry sheets and participating in company briefing sessions.

 

これは、日本では経団連(けいだんれん)(一般社団法人「日本経済団体連合会」)が加盟企業(約1300社)向けに示すガイドラインで「会社説明会の解禁時期」を毎年決めているからです。

This is because the Japan Business Federation (Keidanren Ippan Shadan Hojin Nippon Keizai Dantai Rengokai) decides the timing for starting the company briefing sessions every year according to the guidelines for member companies (about 1300 companies).

 

ただ、自己分析や一般常識、時事問題、学力試験(英語、国語、数学)、性格適性検査等の対策や新聞を読む習慣をつける等は自分でできることですから早めに行っておくべきことです。

However, it is something that you should do early as measures such as self -analysis, general common sense, current affairs issues, academic ability test (English, national language, mathematics), personality fitness tests and the practice of reading newspapers can be done by yourself.

何社か内定をもらいましたが、どこにしたら良いか迷っています Although I have received some job offers, I am wondering which I should accept

A:企業選びは「自己分析」を適切に行ってからが望ましいです。

It is desirable to choose a company properly by self-analysis.

 

多くの場合、どこの企業に就職したいかになりがちなようです。それよりもまず、「自分はどんな人なのか」を知ることが先です。

In many cases, it tends to be the company where you wanted to get a job in the first place. Before that, what lies ahead is you knowing “what kind of person you are”.

 

恋愛で考えてみましょう。
例えば、お付き合いするなら(彼女、彼にするなら)どんな人がいいですか?

Let us think about love.

For example, if you are socialising, what sort of person (he or she) would you like?

 

美人(イケメン)、金持ち、頭がいい、誰もが憧れる場所に住んでいる、優しい、たくましい、趣味・習慣・考え方が似ている、などなどたくさんの条件が出てくると思います。
ただ、その条件を全部満たした人が現れても「なんか違う・・・」ということが起こります。

Beautiful woman (handsome guy), rich, smart, living in a place everyone admires, friendly, strong, I think a lot of conditions such as hobbies・customs・thinking are similar will come into play.

However, even if a person who satisfies all the conditions appear, 「something different・・・」will come up.

 

相手に望むことが多くても、自分がそのレベルに達していないと違和感を感じます。
そのため条件をすべて満たしても、自分との差に違和感を感じ、将来的には別れることになっていきます。

Even though there are many things you wish for in your companion, you may feel uncomfortable if your ideals are not achieved.

Therefore, even if all your conditions are met, you will feel a sense of discomfort about the difference with yourself and in the future, you will break up.

 

だから、まず「自分とはどんな人なのか」という自己分析をして、その自分に合った企業を選んでいく、という順番になります。

Therefore, in order to choose the company that best suits you, you have to self-analyse by asking 「What sort of person am I」.

 

さて、どんな企業で仕事をしたいと思いますか?
多くの場合は「今、自分の知っている企業」や「待遇」から選ぶようです。

Well, what kind of company do you want to work for?

In many cases, it seems students choose 「Companies that I am aware of」and「Welfare」.

 

日本では東京証券取引所(東証)に上場している会社だけでも3500社あります。

(2015/11/27現在 http://www.jpx.co.jp/listing/stocks/co/ 参照)。

In Japan, on the Tokyo Stock Exchange alone, there are 3500 companies listed.

(Ref: http://www.jpx.co.jp/listing/stocks/co/ as of November 27, 2015).

面接官は何をチェックしているのですか? What is the interviewer looking for when you meet?

こういう質問は、とても良い視点だと思います。
あなたは、マーケティングの仕事に向いているかもしれません。(^^)

For such questions, that is a very good viewpoint.

You may be suited to a job in marketing. (^^)

 

面接官だって、誰を選んで良いかいつも迷っています。

Even for the interviewers, they are also lost as to who is good to select.

 

一般的な、マニュアルに書いてあるようなことは既に知っていると思うので、ポイントだけ。

In general, I think you already know what is written in the manuals, so I will list points only.

 

会社で働く期間は、数十年という長い期間です。その間、いろんなことが起こるものです。成果が上がらず悩むときもあるかもしれません。良いときばかりではないのです。そんなときに、めげてしまう人は困ってしまいます。ビジョンだけで十分と言うわけではありません。わかりますよね?

The period spent working at a company is a long one over several decades. In the meantime, a lot of things can happen. There may be times when you are troubled because results are not going up. Not only when it is good. In such a case, a person who is easily discouraged will be in trouble. Just vision alone is not enough.

Do you understand?

それから、その会社の社長何を求めているのかをチェックしましょう。

Then, let`s check to see what the President of the company is looking for.

 

その会社が進もうとしている方向と、あなたが合っていなくてはなりません。

You have to match the direction the company is moving in.

 

面接、頑張ってくださいね!

At the interview, please do your best!

志望動機はどのように言うのでしょうか? How would describe your reasons for applying?

よく幼稚園生くらいの子供に、「大人になったら何に成りたいの?」って、大人が質問をしますよね。

Often, adults ask kindergarten children, “What do you want to be when you grow up?”

 

そうすると、子供は「看護婦さん」とか「八百屋さん」とか「電車の運転手」とか、自分の知っている職業で楽しそうなものを選んで答えてくれます。けして「経営コンサルタント」なんて、小難しい職業は出てきません。ましてや、「営業職」とかなんていうのも…。(f^^;)

Then, the children give replies such as “Nurse”, “Grocer”, “Train driver”, something that seems to be fun with the profession they are familiar with. Never mind “Management Consultant”, small and difficult occupations never come out. Much less, “Sales” jobs are never mentioned. (f^^;)

 

実はほとんどの皆さんにとっても、志望動機なんていうものもこれに近いのではありませんか?

Actually, for most of you, isn`t it close to why you want to apply, too?

 

だとすると、難しいことを考えずに直感を信じて下さい。
たとえば、「ホームページを見ていたら、何かとっても気にかかって、いろいろと調べているうちに、自分がこの会社で働けたら、きっと楽しいだろうな~って感じて…」とか、「正直、いろんな会社の面接を受けています。どの会社も魅力的で、どの会社でも良いと考えています。でも、どの会社であっても、私は同期の誰よりも、一生懸命仕事をして、どんな試練があっても乗り越える自信があります。」なんて、正直な気持ちを伝えたら良いのではないですか?

If so, please trust your intuition and don`t think about difficult things.

For example, 「When you`re visiting the homepage、looking at various things,

you see something you could relate to and you got the feeling that if you could work for this company, it would surely be enjoyable…」  「To be honest, I was interviewed by many companies. Every company is attractive and I believe every company is good. However, no matter which company I am in, if I work harder than anyone else, I am confident I can overcome any trials.」 However, isn`t it better to convey honest feelings?

 

もちろん、明確な志望動機があれば、それを伝えればよいのです。
その際には「○○の仕事がしたくて来ました」と、自分がその仕事をしているときのイメージを膨らませて楽しそうに話して下さい。

Of course, if you have a clear reason for applying, you can say it.

In that case, say 「I`m here because I want to do the work of ○○」, and inflate the image of you doing it. Have fun talking about it.

 

面接官は、あなたの人柄を見ているのですから。

Because the interviewer is looking at your personality.

 

ちなみに私の経験では、以前3歳の女の子に「大人になったら何に成りたいの?」ってきいたら、返ってきた答えが『セーラームーン』でした。今頃、その子は誰をお仕置きしているのでしょうね?(f^^;)

Incidentally, from my experience, when I asked a 3 year-old girl 「What would you like to be when you grow up?」the answer I got back was 『Sailor Moon』.

This time round, who is that child punishing?  (f^^;)

面接で思ったことを言えるか心配です I am worried whether I can express what I think during the interview.

そうですよね、私だって英語で面接なんてすることを考えたら、緊張してしまいます。(f^^;)

That`s right. Even if I think about interviewing in English, I get nervous. (f^^;)

 

いろんな準備をするでしょ?マニュアル本は山ほどあるし、インターネットで調べると、いろんな人のエピソードや、アドバイスがこちらもいくらでも出てくる。確かに、ポイントは押さえておかなくてはいけませんが、そんな「金太郎あめ」的な模範解答では、何の印象も残らないでしょう。

You prepare various things, don`t you? There are a lot of manuals and when you look it up on the internet, you can find episodes and advice from various people.

Certainly, you will have to determine the important points and make note of it, but such a「Kintaro candy」(cookie cutter) answer will not leave a lasting impression.

 

それに、厚化粧をした状態で相手を騙しても、いずれそんなメッキははがれてしまうものです。マ~、何十人と面接をしている面接官が「厚化粧」を見破れない人はいないと思いますけどね。

Besides, even if you can deceive your opponent with heavy makeup, eventually, that plating will peel off. Well, a person who has interviewed dozens of people will easily see through this `heavy makeup`.

 

いずれにせよ、「なぜこの会社を選んだのか」とか「この会社に入ってどんなことをしたいのか」とか、必ず聞かれるようなことは、ぞれぞれ一つだけ話すことを決めておいた方が良いですが、何よりも重要なことはまったく予期しない質問を受けた時の応対です。

In any case, it is better to decide to address one thing individually, such as「Why did you choose this company」or「What would you like to do in this company」. However, the most important thing is to be able to answer properly when given unexpected questions.

 

困りますよね、どうしたら良いか分からないですよね、ドキドキしますよね、…。

You are stumped, you don`t know what to do, your heart is beating faster….

 

それで良いのです。満面の笑顔で、「はい、全く予期していない質問でした。でも、今考えてお応えできることは○○だと思います。」と正直に話すことです。

That`s alright. With a full smile on your face, “Yes, it is a question I was not expecting at all, but to be honest, I think my answer would be ○○”.

 

若者の特権は、若さです。これから成長する人財を日本の企業は求めています。完成している人ではありません。皆さんは、海外の国での経験と知識、そして日本における学業と努力という、誰に対しても自慢できるものがあるのですから、オドオドせずに進むことです。

The privilege of young people is youth. Japanese companies are looking for human resources in order to grow from now on. There is no perfect person.     Everyone has something to be proud about: experience and knowledge of foreign countries, studies and endeavours in Japan so move forward without hesitation.

 

大丈夫!!笑顔でね!

Alright!! Keep smiling!

 

考:金太郎あめは、どこを切っても同じ顔が出てくる飴のことです。ネットで調べると出てくるので、まずは実物を見てくださいね。

Remarks: Kintaro ame is a candy where the same face appears no matter where you cut it. If you search on the net, you will find it but first of all, please look at the real thing.

志望業界と企業分析、企業研究はどのように行えばよいでしょうか? How should I plan to do industry and corporate analysis and research?

個人的に私は、ビッグデーターというのは、好かないので、業界や企業の調査分析はほどほどにした方が良いと考えています。どんなにエクセルで表を作って、さまざまな角度で分析をしたところで、100%完全な会社なんてあるはずがありません。

Personally, I do not like big data. I think it is better to moderate the survey and analysis of industries and companies. No matter how many Excel spreadsheets are made and analysed from various angles, there will be no company that is 100% perfect.

 

ただ進みたい業界や、やりたい職種が決まったら、「一番上」と思われる会社から「一番下」と思われる会社まで、最大でも5社程度調べて、話しを聞いてみるのが一番良いと思います。

However, once you have decided on the industry you want to go into and the job you want to do, you should research at most, 5 companies. From the company that seems to be「the top」to the company that seems to be「the bottom」, I think it is best to learn about them.

 

ネットにある「数値」だけでは、その本当の意味が分かりませんし、業界の分析だって誰かがその人の経験と主観に基づいて書いているだけですからね。

With 「numerical value」only available on the net, we can`t know its true meaning.

Even industry analysts just write something based on their experience and subjectivity.

 

どんなに小さな会社でも、心ときめくような会社もあれば、どんなに大きな会社でも、組織の中で一つの歯車として働く会社もあるのです。

However small a company is, some companies are exciting and attractive and no matter how big a company is, some companies work together as one in the organization.

企業選びはどのようにすればよいでしょうか? How do I choose a company?

実は、私もアメリカの大学を卒業してから、どこの会社に勤めたら良いか悩んだ経験があります。
何気なく、手相占いに入って、どんな会社に勤めたら良いでしょうか?と占ってもらいました。すると、電機業界が良いとのアドバイス。その結果、株式会社日立製作所に結果勤めることになりました。

Actually, I graduated from university in America, and I wondered which  company I should work for. Innocently having my palm read, I asked what kind of company I should work for? The answer was foretold. I was advised that the electrical industry would be best for me. As a result, I decided to work for Hitachi Ltd.

 

でもこれは占いのお蔭ではありません、後から考え直してみれば、大学でコンピューターを勉強してきたと、その占い師に話していたのですから、誰だって電機業界が適任だと言うわけですよね。(f^^;)

But it really wasn`t due to fortune-telling. Thinking about it later, I had told the fortune-teller that I had studied computers, so anyone could have told me that the electrical industry was the right one. (f^^;)

 

今から30年ほど前は、インターネットもなく、情報源は本屋さんにある数少ないリクルート情報と、会社四季報だけ。結局、会社四季報を購入して、電機のページの一番初めから、人事部に片っ端から電話したのを覚えています。

About 30 years ago, there was no internet and the only information we had was from recruiting magazines at the bookshop and company quarterly reports.   Eventually, I purchased a company quarterly report. From the beginning of the pages for electrical appliances, I remember systematically calling every single Human Resources department.

 

正直、その選択が正しかったのかどうかはわかりません。もっと他の道もあったと思います。
ただ一生懸命駆け抜けてきて、後悔するのは、私の人生に私自身がドロをつけるようなものだと思っています。

To be honest, I don`t know if that was the right choice. I think there might have been another way.

 

私がアドバイスをするとしたら、フィーリングが合うかどうかだけです。会社の規模や、給与や、待遇なんかをあんまり気にすることなしに、深く考えずにフィーリングの合った会社を選べば良いのです。

If I were to give advice, it is only whether the feeling fits. Don`t pay too much attention to the scale of the company, salary, treatment etc., don`t think too deeply and choose the company that feels best for you.

 

外国人留学生の皆さんは、どうしても一流企業ばかりを狙って就活をしているようですが、日本人でさえ「狭き門」です。もちろん、絶対無理とは言いませんが、その会社に入れたからといって将来が安泰とは言えません。

When it comes to hiring, foreign students seem to be targeting only the top companies, which even for Japanese, are very「narrow gates」. Of course, I will not say that it is absolutely impossible but I cannot say that just because I entered that company, my future is secured.

 

だって、あのリーマンブラザーズだって倒産しました。

Even Lehman Brothers went bankrupt.

 

会社は、あなたの自己実現をする場です。就職先の企業がどんなに貧弱だったとしても、あなたが、その会社を大きくすれば良いのです。あなた方には、未来を創ることができるのですから。

The company is the place where you achieve self-actualisation. No matter how small or insubstantial your company is, you should try to make that company bigger. Because you can create your own future.

会社訪問、面接時の服装をアドバイスして下さい。 Please advise on what to wear for company visits and interviews.

A:身だしなみについては男女共に少し落ち着いた、清潔感がある色やスタイルが好印象を持たれる確率が高いようです。

Regarding appearance for both men and women, a subdued sense of colour and style and cleanliness will make a good impression.

 

企業の面接官も人間なので、その人の好みが採用結果に影響する場合もあります。なので、「確率が高い」という書き方をしています(笑)
ただ、服装はとにかく「清潔であること」「清潔感が高いこと」が大前提です。

Since the interviewer is also human, his/her preference may also affect the result of being hired.

So, I am writing 「High probability」(笑)

However, the major premise is that clothing is 「clean」and the individual has a「high level of cleanliness」.

 

<スーツ>
スーツは、自分の体形にジャストサイズが基本。

<Suits>

Basically, the suit should fit you.

 

自分の体形より大きすぎると不潔に見えることがありますし、小さすぎてあまりにもピチピチだと下着のラインが出たりして不適切です。パンツ(ズボン、スラックス)は、面接、会社訪問の前日にはアイロンで折り目をつけたり、ブラシをかけたりして整えておきましょう。また、家に帰ってきたときも簡単にブラシをかけておくとよいようです。

If it is too big for your figure, you may look untidy, and if it is too small, you appear to be bursting at the seams and if your underwear shows, it is very inappropriate. With regards to pants (trousers or slacks), make sure your brush it and iron the crease before the interview or company visit. Also, it is a good idea to brush your pants when you return home.

 

就職活動専用の「リクルートスーツ」もありますが、「ビジネススーツ」を選んでおけば、実際に仕事が始まってからも長く使えますのでよいと思います。清潔感があれば、どちらでもよいと思います。

There is also a dedicated 「recruit suit」for job-hunting activities but if you choose a 「business suit」, I think it can be used for a long time, even after you start work. If there is an appearance of cleanliness, I think either one is fine.

 

(※「リクルートスーツ」は就職活動のとき&新人のとき、というイメージがありますので、こんな風に書きました)

(※ There is a type of suit called「Recruit Suit」which is worn when looking for jobs, going for interviews and starting work so I wrote it like this)

 

<シャツ、ブラウス>
色は白がよいです。ストライプなども多少であればOKです。
シャツやブラウスも、アイロンをかけて丁寧に皺(しわ)を伸ばしておきましょう。

<Shirt, Blouse>

They should be white. Subdued stripes are somewhat OK. Make sure they are properly ironed and without any wrinkles.

 

<靴>
きれいな靴を選びましょう。

事前にブラシをかけて埃(ほこり)やゴミを払い、できればクリームなどをつけてきれいに磨いておきましょう。靴底も雑巾などを使って汚れをふき取っておくと更によいです。

<Shoes>

Let us choose clean shoes.

Use a brush to remove dust and dirt. Better still, use shoe cream and polish them. It is even better if you wipe the soles of the shoes with a rag.

 

訪問先の企業に行く前にも(最寄駅などで)、靴の汚れを確認して、汚れがあるようであれば綺麗にしておきましょう。靴に汚れがあれば、文字通り、足元を見られます。
家に帰った時に靴のお手入れをしておけば、急に連絡があって出かける必要があるときにも安心です。
靴は外出先で1日中、どこに行ってもあなたを支えてくれています。

Before entering the company, visit the nearest station etc. and check to see that your shoes are clean. If there is dirt, you can literally `see the feet`.

If you keep your shoes properly when you get home, you are secure should you need to go out suddenly to meet a contact.

Shoes support you wherever you go, while you are on the go.

 

「靴のお手入れをしてきれいにしておくと、靴はよい場所に連れて行ってくれる」という迷信があるほど靴をきれいにしておくことは重要です。

It is important to look after your shoes as there is a superstition that says

「If you take care of your shoes and keep them clean, they will take you to a good place」.

 

<髪型・ヘアスタイル>
清潔感のある髪型をしましょう。清潔感が重要です。

 

お辞儀をしたときに髪の毛が垂れてきたり、乱れたりすることがあれば女性はヘアピン(髪留め)などで事前に止めておきましょう。男性の場合は長すぎるので不適切です。

<Hairdo・Hairstyle>

Keep a clean and neat hairstyle. Cleanliness is important.

Ladies should use a hair pin or clip to prevent their hair from falling out of place when bowing. For men, it is inappropriate if their hair is too long.

 

<アクセサリー・小物・鞄(かばん)>
女性の髪型を整えるヘアピン、髪どめ程度はOKです。

<Accessories・Small items・Bags>

It is alright to use a hairpin to adjust the hairstyle or hairdo.

 

不適切なものとしてはイアリング、ピアス、ネックレス、ブレスレッド、指輪(結婚指輪は可)、マニキュア(無色透明は可)、ネイルチップ(付け爪)、香水などです。
鞄(かばん)、バッグは①A4の書類をそのまま出し入れができる大きさの、②落ち着いた色のもの、③スーツに合うもの が望ましいです。
男女ともに「派手」「インパクトが強い」アクセサリーや小物は避(さ)けましょう。

Inappropriate items include earrings, pierced earrings, necklaces, bracelets, rings (wedding rings are acceptable), manicures (transparent and colorless), nail chips (attachment nails), perfumes and so on.

Bags and handbags are desirable if (1) the size is enough to put A4 documents as they are, (2) those with a subdued colour, and (3) it is desirable to have matching suits.

Let’s avoid accessories and small items that are both “gaudy” and have a “strong impact” for both men and women.

 

※訪問先の企業では資料を渡されたりすることもあります。ご自身の履歴書などの書類も必要なので、鞄、バッグは必ず持ち歩きましょう。

※When visiting some companies, you may be given materials. You will also need to bring your resume, so make you have a bag or briefcase to carry everything.

 

<その他>
男性は髭なども整えましょう。口臭や爪など細かい部分もしっかりケアしておくと安心です。
鼻毛は意外に見落としがちなので、気をつけましょう。
男女共に少し落ち着いた、清潔感がある色やスタイルが好まれているようです。

 

とにかく「清潔である!こと」が大前提です。
迷ったときは「それは清潔感があるか」「あなたは企業に何を見せたいのか」を考えることです。

 

会社訪問、面接時の服装は何を選べば良いですか? What garments should I choose for interviews and company visits?

海外からの留学生の皆さんの目には、リクルートスーツというのはどう見えるのでしょう?

In the eyes of foreign students, how do you see a recruitment suit?

 

企業説明会の解禁時期になると、後ろから見ると不気味なほどの、同じ色と服装をした人たちがぞろぞろと歩いていますよね。私は、そういうのがあまり好きではないので、入社式の時も私一人「ピンクのシャツ」を着てしまいましたが…。(^^;)

When the time for company briefing sessions is over, is it not strange to see everyone walking wearing the same colours? I didn`t like that very much, so even during the company initiation ceremony, I wore a pink shirt…. (^^;)

 

さて、ご質問について当社の博士君のアドバイスをご紹介します。

Well, to answer this question, we will introduce our company doctor`s advice.

 

**A:服装は「相手に良い印象を与えることができる服装」を心がけましょう。
**人の第一印象が決まるのは3~5秒と言われています。
**そして、その第一印象を覆すには、その後に「120分(以上)話し合う必要がある」とも言われています。服装が大切なのは、「見た目」が第一印象に大きく関わるからです。

**A:Let`s keep in mind that「clothes that can give a good impression to the company」

** It is said that a person`s first impressions are determined within 3-5 seconds.

** And it is said that it is necessary to talk for over 120 minutes (or more) afterwards to overturn this first impression. The reason why clothes are important is that “appearance” is greatly related to the first impression.

 

なるほど、なるほど、本当にそうですね。さらに

Indeed, I see that it is true. Further more

 

**第一印象についての研究があります。
**それは1971年に心理学者アルバート・メラビアンが好意・反感などの態度や感情のコミュニケーションについて実験を行った結果です。

**There is research on first impressions.

** It is the results of psychologist Albert Mehrabian experimenting with communication of attitudes and emotions such as favor and antipathy in 1971.

 

**【メラビアンの法則】によると相手に与える印象の比率は、
**言語情報(話の内容など):7%
**聴覚情報(口調や話の早さなど):38%
**視覚情報(見た目などの):55%
**となるようです。

** According to [Mehrabian’s law], the ratio of the impression given to the partner are,

** Language information (contents of the speech etc.): 7%

** Auditory information (tone of voice and fast talk etc.): 38%

** Visual information (such as appearance): 55%

**It would appear to be.

 

誰にもステレオタイプ(Stereotype)による思い込みがあるものです。面接官も同じです。差別や区別という意味ではなく、「この人は、○○国の出身の人だから…」といった気持ちはあるはずです。そういう気持ちにさせないためにも、清潔な印象も持ってもらえるよう、個性は必要ですが「身だしなみ」を意識して下さい。

Everyone has a prejudice based on a stereotype. The interviewer is the same.

This doesn`t mean discrimination or differentiation but there is bound to be feelings like 「This person is from ○○country therefore…」. In order to prevent the interviewer from having such feelings, it is necessary to create a good impression, therefore personality and「good grooming」is important.

自己分析はどのように行ったらいいでしょう? How do I do self-analysis?

私も学生時代、性格診断のようなことをやって、「あなたにあった職業」のリストをもらったことがあります。そこには、さまざまな職業がリストアップされていましたが、どこにも「サラリーマン」というのはありませんでした。(^^;)

When I was a student, I did something like a personality diagnosis test and got a list of “occupation that matched you”. There were a variety of occupations listed, but there was nothing called “salaried workers” anywhere. (^ ^;;)

 

日本の多くの企業では、その会社に就職するのではなく「就社」となります。つまり、どの部署でどんな仕事をするのかは、新人研修後に発表されることが多い。「私は、○○が得意なので(または、やりたいので)、○○の配属を希望します」と、リクエストを出したとしても受け入れてくれるかどうははわからない。

In many companies in Japan, it is more about “employment” rather than getting a job there. In other words, what kind of work you will be doing in which department is usually announced after freshman training. “I do not know if they will accept even if I make a request, because I am good at OO (or because I want to do it) because I want to be assigned to OO.”

 

それにも関わらず、大学のキャリアセンターに行くと、自己分析をすることを勧められる。私は、そんなもに縛られなくても良いのでは?と思っています。縛られると、人は苦しくなるものです。

Nonetheless, going to the university career center, it is advisable to conduct self-analysis. I am thinking if you have to be bound by that? I wonder. It becomes painful for people when bound.

 

とは言っても、ご質問に当社の博士君が答えてくれたのでご紹介します。

Still, I will introduce you to our doctor, who will answer your question.

 

A:手軽に行えるのが本屋さんにある『就職マニュアル』に書かれている「自己分析シート」です。

There is a「Self-analysis Sheet」in the『Employment Manual』. It is available to buy in any bookshop and is easy to do.

 

自己分析は、学校の勉強では学ばなかったことなので、多くの学生にとって最初の難問となることが多いようです。多くの方が有名な誰でも知っているような企業にばかり注目しますが、その前に「自分が誰で」「どんなことをやりたいと思っているのか」「どんな人生観を持っているのか」などの「自分がどんな人」かを知ることの方が大切です。

Self-analysis seems to be the first challenge for many students, as it has not been learned in school studies. Rather than paying attention to companies that many people are familiar with, you should ask beforehand, “Who am I?” “What kind of things do I want to do?” “What is my view on life?”

 

そして、「得意なこと」と「やりたいこと」は別です。

「Special Skill」or「Things you want to do」are separate issues.

 

成績が良いからと「得意なこと」を仕事にする人が多いのですが、それよりも「やりたいこと」ができる仕事を選んだ方がよりよい人生を歩めます。

Many people work on their「specialty」because of good grades, it is better to choose a job that allows you to「do what you want to do」.

 

就職マニュアルにも良いことが書かれていますが、ここでお勧めするのはリチャード・H. モリタ著「オイラの法則!―とびきりの成功法則―「成功の書」完全収録CD付/イーハトーヴフロンティア刊 – 2004/8」です。付録のCD(約60分)の中で「自己分析」についてと「仕事の選び方」についても詳しく述べられています。

Although many good things are written in the employment manual, I recommend this book by Richard H. Morita 「Oira`s Law!―A smashing success in Law ―「The Book of success」完全収録CD付/イーハトーヴフロンティア刊 – 2004/8」Complete recording CD / Ihatov Frontier Publication – 2004/8. Details about “self-analysis” and “how to choose a job” are also described in the appendix CD (about 60 minutes).

なぜ就職するのでしょうか? Why do you want to get a job?

なかなかプリミティブ (primitive)な質問ですね。

It is quite a primitive question.

 

それぞれの時代、それぞれの世代、それぞれの立場によって、その回答は異なってくると思います。

I think the answer will differ for each era, each generation depending on their position.

 

河口湖の近くに住んでいる資産家に生まれた人の話ですが、その方は親から引き継いだお金を減らさないことがその人の仕事だと言っていたそうです。

There is a story about a man born to a rich family living near Kawaguchiko.

He said that it was not his job to reduce the amount of money he received from his parents.

 

また、私のことを思い返すと、これ以上親に負担は掛けられないとの思いから、働くこと、すなわち就職を考えていたことを思い出します。

Looking back myself, I remember thinking of working, that is, getting a job, so that I would no longer be a burden on my parents.

 

私の友人にこの質問をしたところ

When I asked my friend this question

 

A:世の中で「収入」を得るためには様々な方法があります。
自分で起業したり、株や不動産といった資産から収入を得ることも可能です。
その中で最も確実に安全に安定した「収入を得る」方法が「就職」なのです。

A: There are various ways to earn “income” in the world.

You can start your own business, earn income from assets such as stocks and real estate etc.

Among them, the method of “getting income” that is most secure and reliable is “employment”.

と、理路整然と答えてくれました。

He answered in a very orderly manner.

 

たとえば、路上ライブで歌を歌っても生活はできるかもしれませんし、作家の道もあるでしょう、就職なんてしなくても生きていけるのかもしれませんね。

For example, you may be able to make a living from singing songs on the street, taking the path of being an author, there is even the possibility I could live without having to find a job.

 

そう考えると、あえて就職なんてしなくても良いのかもしれませんが、皆さんのような外国人留学生の場合には、この国で就労ビザを取得する必要があるのですから、そんなに迷うことなく、自分のやりたいことを「企業活動」の中に見つけて、自己実現を図ることをしてくださいね。

If you think that way, then you may not have to find a job, but in the case of foreign students like yourselves, you need to obtain a work visa in this country, so don`t hesitate too much. Please do find things you want to do in 「business operations」and try to realise your own self.-fulfillment.

就職活動(就活)の準備で最も重要なことは? What is the most important thing in preparation for job-hunting?

とても良い質問です。(^^)

That is a very good question.(^^)

 

その答えは、『自己分析』です。

The answer is『Self-analysis』.

 

「自分がどんな人か」ということから、落ち着いて考えてください。子供のころからのことを、丁寧にメモをとってみると良いでしょう。

Please think calmly about 「What kind of person am I」. It is better to try to remember conscientiously from childhood days.

 

たとえば、誰と遊んだ?好きなオモチャは?どんなことで褒められた?苦手なものはなに?等々をリストアップしましょう。それを元に、客観的に「自分」を表現してみてください。

For example, who did you play with? What was your favourite toy? In what ways was I praised? What are my weaknesses? Let’s list them. Based on that, objectively express「yourself」please.

 

ただ、だからと言ってドンピシャな職業や会社が分かることは、非常にまれです。世の中には、医者になったのに漫画家になった手塚治虫さんや、ホームレスから起業家になった人まで、多種多様です。また、考えてもいなかった職についてから、それが「天職」だと気付くことだってあります。

However, it is very rare that you understand exactly domestic occupations and companies. There is a lot of diversity in the world, like Tezuka Osamu who became a doctor then a manga artist, to homeless people who became entrepreneurs. Also, about jobs that I never considered, there are things that I noticed that it was a “vocation”.

 

特に、外国の皆さんが日本で就職につく際には悩ましいでしょう。

Especially, it will be delightful when foreigners get a job in Japan.

 

でも、大丈夫。「○○なら、やってみてもいいな~」と感じる会社や職種で良いのです。場合によっては、いずれ転職することになってしまうかもしれませんが、どんな仕事についても、『誰よりも頑張る』と思って努力していれば、道が見えてくるものです。

However, it’s alright. It can be a company or occupation that feels that “If you are a ○, you can try it ~”. In some cases, you may end up changing jobs, but if you always strive to think that『I will be better than anyone』for any job, the road will open up for you.

 

企業の面接においては、そのことを正直に伝えても良いと私は思います。内定をもらうために、「ヤル気あります!」とウソを言っても、そんなの見破られてしまうからです。

During company interviews, I think that it is good to relate it in an honest way. If you want to get the job offer, say「I am motivated!」Don`t lie as it will be found out.

 

相手(企業)が知りたいのは、「あなたがどんな人」で「なぜこの会社を選んだか」ですが、そこで大切なことは、模範解答ではありません。

The important thing is, there is no model answer. What the other party (company) wants to know is “Who you are” and “Why did you choose this company”.

正直に、真っ直ぐに、自分を表現してみてください。

Honestly, please express yourself in a straight-forward manner.

new
photo